Rethink プログラム

受賞歴のある Rethink の研究に基づくプログラムは、子育て中の両親に対して、学習や行動の課題、発達障害に関する支援を無償で提供しています。

給付金

行動保健学の専門家が両親からの電話相談を受け、質問に答え、子供の能力を最大限引き出すためのアドバイスを提供します。相談は電話またはビデオ チャットで行い、日中または夜間、平日または週末に利用できます。  一般的なトピック:

  • 新しいスキルの教え方
  • 家庭での問題行動への対処
  • 発達の遅れへの対処
  • 教育機関との協力
  • 新たな診断や日々の家庭での問題によるストレスへの対処
  • Rethink プラットフォームの効果的な利用法

相談は、当社の従業員を対象に HIPAA 法に従い、すべて機密扱いになります。

詳細

VMware Rethink プログラムの概要の録画セッションが利用方法の参考になります。 

  • 行動セラピストと特別教育担当者のチームとの対面バーチャル コーチング セッションで、教えるスキルを学び、Rethink を活用してさらなる支援を得て、あらゆる質問ができます。
  • 応用行動分析(ABA)の原則に基づいた総合ビデオ ライブラリ。このビデオでは、ソーシャル スキル、言語、自助、遊び、学問、職業準備のスキルの教え方を手順を追って紹介しています。
  • 子供の個別のニーズに応じた評価と学習プラン。これにより、スキルの教え方を知り、問題行動を効果的に減らせるよう導きます。
  • 印刷して使える教材、専門家のウェビナー、ケア管理、データ収集、進捗報告ツール、仲間のサポート
    フォーラムなどのリソース。

Rethink アカウントのセットアップ

VMware Rethink サイトにアクセスしてアカウントを設定し、Rethink とそのサービスについて詳しくご覧ください。VMware メール エイリアスの登録が必要です。