産前産後休暇

VMware の従業員は産前産後休暇を取得し、出産 [1]後の休養と育児のための時間をとることができます。

資格

女性従業員が妊娠した場合、次の期間に産前産後休暇を取得できます。

流産及び死産の場合、グローバルの忌引休暇 [2]とローカルで適用される流産休暇の両方を取得することはできません(日本はグローバルの忌引休暇 [2]のみ適用となります)。

支払い

資格のある従業員は、産前産後休暇期間中、最大で基本給の100%を受け取ることができます。HIA が定める出産手当金の申請はできません 。

産前産後休暇のスケジュール

復職

出産後 6週間後以降に復職を申請する場合は、医師の指示に基づいて職務に割り当てられる可能性があります。休暇の終了が近づいたら、HR Source [3] [VMware ネットワークへのアクセスが必要に連絡し、復職の確認と準備をしてください。

養育の開始に関する追加の支援やリソースについては、出産または養子縁組 [1]に関するページをご覧ください。