短期および長期の障害補償

短期障害補償

短期障害補償は、業務に関連のない病気やけが原因で仕事ができず、給与収入がない場合に利用できます。

受給資格

すべてのフルタイム正規従業員には、ITS 健康保険組合(HIA)の短期障害補償が申請により適用されます。

待機期間

短期障害補償金は、3 日間の待機期間の後に受給可能になります。

給付金

従業員に対して ITS HIA から、標準報酬日額の 2/3 が最大 18 か月分支払われます。

VMware では、6 ~ 12 か月の休職期間の後、最大 1 年間の無給の短期障害休暇が認められます(在職期間により異なります)。この間、上記の法定給付金が支払われます。

長期障害補償

長期障害の定義:

  • 免責期間:被保険者が合理的に適した業務を遂行できなくなった場合。
  • 受給期間:被保険者がまったく業務を遂行できなくなった、または部分的な障害により収入が 20% 減に
    なった場合。

受給資格

65 歳未満のすべてのフルタイム正規従業員は、傷害保険に申請により加入します。

待機期間

傷害保険の給付には、90 日間の待機期間があります。

給付金

減額給与の 60%(月額最大 150 万円)が支払われます。I T S健保などから給付金を受けている場合、長期障害補償金は実際の減額給与の 60% に調整されます。給付金は最高 65 歳まで支払われます。

お問い合わせ

HR Source [VMware ネットワークへのアクセスが必要]
ASK HR [VMware ネットワークへのアクセスが必要]
電話:(+81) 343345602